上山市まちづくりセンタースタッフの在館日を「スタッフ在館日」ページでご確認いただけます。
(右サイド)メニュー「スタッフ在館日(上山市まちづくりセンター「ござってぇ」内)」よりご覧ください。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レポート:東北文教大学地域社会研究会の取材活動
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


レポート:東北文教大学地域社会研究会の取材活動

」でも告知しておりました東北文教大学地域社会研究会による上山紹介冊子制作の取材活動のレポートです。
ござってぇ便り110号
11月23日(水)朝、電車を使ってセンターに訪れたのは土居洋平准教授と女子学生の皆さま13名。山形放送さんの記者さんも取材に駆けつけてくださり、センターは一気ににぎやかなムードとなりました。今日のために準備してきた取材シートや取材用の名刺、十日町地区、駅前地区などの地図などを取材ボードにセットし、各グループが担当した地区へと取材に向います。☆取材の様子は23日5時半~ワンコーナーを使って山形放送で紹介されました。

  

先輩たちの去年までの活動経験から、1日の取材活動のスケジュールはち密に練られており、進行はとてもスムーズ。取材する商店の方へのマナーや言葉遣いも本物の記者さんさながらです。今年も和菓子の老舗十五屋さん(十日町)を取材。上山は歴史の長い店が多い町。それぞれの店舗にストーリーがあります。

  

味噌・醤油醸造元の石井伊佐惣治商店さんも、奥まで案内して下さり炬燵を囲みながらの取材。緊張しながらも真剣に質問を投げかけます。


 
昔ながらの呉服屋さんでは和布の素敵なお土産をいただきました。先月OPENしたばかりの「まちcafe」ではどんどん焼きや飲み物をいただきながら取材。食事処は実際に食べてレポートします。



取材活動は夕方まで続きました。「寒い寒い!」ストーブのあるセンターにたどりついた皆さまはホッと一息。「上山楽しかった!」「あのお店すごく良かった!帰りにあのお店をもう一度見に行きましょう。」と熱心に語り合う生徒の姿がありました。
最後に土居先生から今後の冊子作りの制作日程の説明があり、取材活動は終了となりました。12月17日の上山城キャンドルナイトでの発表まで、あと少しです。

  
左:上山城キャンドルナイトイベント告知 
右:去年の制作冊子「kaminoyamaうぉーかー」表紙 ※実物はセンターで閲覧可。

今年は「」の助成を受け、配布冊数も大幅に増やせる見込みです。
112月7日の<上山城キャンドルナイト>では上山を紹介するミュージカル、「出動!上山エンジェル!~上山Sketchを使ってさらわれたピーチ姫を救え!~」を上演します。紹介冊子もプレ完成版として配布予定。
【17日5:15~5:45上山城ステージにて上演】

みなさんぜひわが町上山を題材にしたミュージカルを見にきてください。
東北文教大学地域社会研究会の皆さま、ありがとうございました。
3月の冊子完成まで頑張ってください。

東北文教大学短期大学部HP
http://www.t-bunkyo.jp/jc/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レポート:東北文教大学地域社会研究会の取材活動
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

12/01/2011

関連記事: