上山市まちづくりセンタースタッフの在館日を「スタッフ在館日」ページでご確認いただけます。
(右サイド)メニュー「スタッフ在館日(上山市まちづくりセンター「ござってぇ」内)」よりご覧ください。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「上山のまちづくりを考える井戸端会議」を開催しました
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


「上山のまちづくりを考える井戸端会議」を開催しました

井戸端会議・意見交換

8月8日、かみのやま温泉発祥の地とされる湯町地区で「」を開催し、約40人が参加しました。

市長あいさつ

第一部では、「鶴の休石」に集合し、湯町地区を散策しました。横戸長兵衛市長の挨拶の後、上山城事務局長の増戸隆子さんと湯町地区会長の柏蔵重哉さんからかみのやま温泉と湯町の歴史などについてお話いただき、上山市まちづくりアドバイザーの温井亨東北公益文科大学准教授から散策コースの解説がありました。

かみのやま温泉についての説明 湯町地区会長

まずは、毎月8日の薬師講が行われていた鶴の休石裏のお堂へ参り、
続いて、旅館 月の池の女将 工藤真里さんの案内で旅館内を見学させていただきました。

鶴の休石裏のお薬師様 鶴の休石向かいの旅館 月の池

その後、旧松本屋や旧山城屋の外観を見学し、歴史と温泉情緒あふれる湯町の小道を散策しました。

旧松本屋を見学 旧松本屋を見学 旧山城屋を見学

 第二部では、ふぢ金旅館で温井先生より「浴衣のにあうまちづくりと湯町の魅力」と題した講話をいただきました。
引き続き、第三部では参加者が意見交換し、「湯町は歴史的建築物も多く上山の象徴的なエリア。温泉発祥の地である鶴の休石を中心に考える視点が必要だ」「半周残っている城周りをもっときれいに整備してほしい」「温泉地で観光客が多いのに説明できる市民が少ない。ホスピタリティーいう点で課題がある」「イザベラ・バードも書いた『手入れの行き届いた』まちになると良いと思う」など、さまざまな意見が出されました。
また昨年、歴史的建築物を実測調査した建築家の酒井信一郎さんと小松正和さんから調査結果を発表していただきました。

温井先生 東北文教大学の学生達

意見交換会の様子 意見交換の様子 小松さんと酒井さんの発表

当日ご案内くださった皆様、そしてご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。
「上山のまちづくりを考える井戸端会議」は、現在、次回企画を検討中です。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「上山のまちづくりを考える井戸端会議」を開催しました
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

08/19/2011

関連記事: